早漏(そうろう)を解決するための必要な知識と実践方法の全て


早漏

早漏の定義

早漏の定義をセックスの本質から考えると、早漏とは膣にペニスを挿入している持続時間でなく、セックスをした女性が決めるのです。
すなわち、ペニスが刺激を受けてから、射精するまでの時間が短いと言って、早漏とは限りません。早漏と女性のセックスへの満足感は深く関係しており、女性のセックスへの満足感抜きでは、早漏か否かの判断はできません。

しかしながら、挿入時間における女性のセックスへの満足感は、女性個々人によって変わります。それは相対的なものであり、絶対的な数値で表せられるものではありません。

そこで、このブログでは、次のとおり膣にペニスを挿入している接続時間から、世界的な数値と日本国内の数値から、早漏の絶対的な定義を決める事としました。

早漏(そうろう)とは?世界と日本の基準

なぜ、早漏になるのか?

早漏は欧米では、PE(precocious ejaculation)と呼ばれ、病気一つと捉えられています。
早漏が病気であるなら、根本的な原因が判らなければ治療を行うことはできません。

早漏の原因は、大きく分けると肉体的なものと、心理的なものがあります。例えば、仮性包茎の男性の場合、普段は包皮で守られた亀頭が敏感で、刺激を受けるとすぐに射精してしまう場合があります。これは、肉体的な早漏と分類できます。
肉体的な早漏の場合、極厚コンドームを使用すると早漏を防止する効果が期待できます。

では、セマンズ法、スタート&ストップテクニックなど、行動心理学に基づいた早漏克服トレーニングで、肉体的な原因の早漏を治療する事は可能でしょうか?
神経過敏にあたる、肉体的のな早漏の場合、行動進学では、防止や改善は不可能と言えます。
逆に、心理的な早漏の方であれは、行動心理学で、最短一日で早漏を克復できる可能性もあります。

十人十色と言う通り、早漏の原因も人それぞれです。早漏の根本的な原因を把握し、その原因に合った早漏を防止法、治療法、克服法を起こえば、効果的な対策が行えます。

あなたが早漏を対策したいのなら、まずは、早漏の原因を把握してください。

早漏(そうろう)の原因のウソとホント

早漏対策

早漏対策と言う言葉は、勘違いしやすいく注意しなければなりません。
早漏対策、早漏防止、早漏改善、早漏治療、早漏克服と混在してしまっている方が多いです。
より確実に最短で効率的に早漏を改善したいのなら、言葉の意味を正確に把握する必要があります。

早漏対策早漏(そうろう)対策の大きな勘違い

早漏防止法

早漏防止法とは、早漏という事象を起こらなくする方法です。
前述した、極厚コンドームを使うのは、早漏防止法の一つです。

早漏防止法は、早漏の根本的な原因対策ではありません。
早漏の原因は、そのままで早漏を起こらなくする方法です。
早漏を解決している訳ではありませんが、「どうしても、今すぐに早漏を対策してセックスを楽しみたい。」場合には、優れた方法といえます。
早漏(そうろう)防止法

早漏治療法

早漏治療法とは、医学的な方法で早漏の根本的な原因にアプローチして、早漏の原因を根本的に治療してしまう方法です。
根本的に治療をしてしまうので、早漏を克服する効果は高いです。しかしながら、サプリメントによる鼻づまりや、手術による性感の低下など、副作用がある場合があります。
また、サプリメントは定期的に購入する必要があり、手術をした場合には、10万円以上の費用がかる場合もあります。トータルコストとして、高額な場合が多いです。
早漏(そうろう)治療法

早漏克服法

マッサージや心理的な療法などの早漏克服トレーニングにより、早漏の原因へアプローチし早漏を完全に克服する方法です。
早漏防止のように、一時的に早漏と言う事象を起こらなくするのではなく、ワクチンによってインフルエンザを完治させるのと同様に、早漏の根本的な原因へ直接対処し、射精コントロール法を身に付ける方法です。
早漏(そうろう)克服法