早漏(そうろう)クリニック-ペクリンブログ
リドスプレー

早漏を防止する塗り薬とは?



亀頭や竿など、ペニスの性感帯に塗る、もしくはスプレーする事により、早漏を防止する事ができる塗り薬とは、いったいどのようなものなのでしょうか?
この記事では、早漏を防止するメカニズムや使い方、代表的な早漏防止塗り薬の紹介、そして選び方まで解説します。

早漏防止塗り薬とは?

早漏を防止する塗り薬とは、亀頭や竿などペニスの性感帯に塗る、もしくは、スプレーにより吹きかける事で、男性が早漏にならないようにする塗り薬です。
その成分の多くは、リドカイン、塩酸ジブカイン等の局所麻ひ薬です。亀頭や竿などペニスにある性感帯に、早漏防止の塗り薬を塗る事で、性感帯の神経が麻酔して感じなくなり、早漏を防止します。

胃カメラによる検査を経験したことがある方なら、理解しやすいでしょう。
胃カメラを飲む前に、看護師から「喉に溜めておいてください。」と言われて、ドロリとした液体を喉に入れられたはずです。あれが、局所麻酔薬です。

また、早漏防止の塗り薬の多くには、男性ホルモンも含まれています。男性ホルモンをペニスに塗る事で、勃起力の増強を狙っています。勃起力が増強されて固く勃起すると、ペニスは刺激を跳ね返すようになり、早漏を防止できるのです。

早漏を防止する塗り薬の使い方

早漏を防止する塗り薬は、局所麻酔薬と同様の成分のため、その使い方も同様です。また、どの早漏を防止する塗り薬でも、同様の使い方をします。

1.亀頭や竿など、ペニスの性感帯に、早漏防止の塗り薬を塗るか、スプレーします。
2.そのまま15分ほど放置します。この放置する時間は、早漏防止する塗り薬によって違いがあります。
3.塗った部分を触ってみて、麻酔した感じになったら、塗った早漏の塗り薬を石鹸で洗い流します。一度麻酔した神経は、30分以上は麻酔していますので、洗い流して構いません。
4.セックスをします。

早漏を防止する塗り薬の例

早漏を防止する塗り薬には、有名なもので以下の3つがあります。

1. リドスプレー
2. ジゴロプラススプレー
3. トノス

他にも早漏防止の塗り薬が多々ありますが、以上の3つが有名なところでしょう。
これらの早漏防止薬について、説明します。

リドスレー

リドスプレー
リドスプレーは、その名の通り、局所麻酔成分であるリドカインが含まれている、早漏防止の塗り薬です。
100ml当たり、10gのリドカインが含まれていて、日本で流通してるものは15ml入りです。

ドイツのWalter Ritter GmbH+Co社から発売されています。日本に流通しているものは、一度香港に輸入されてから、日本に届いたものが大半です。

リドカインの麻酔作用は、即効性があり強力なので、販売サイトのレビューでも高評価が付けられています。

ただし、詳細な成分が公表されていないので、使用には不安感があります。

ジゴロプラススプレー

ジゴロプラススプレー
成分は、PEG-60水添ヒマシ油、チョウジ油、チョウジエキス、ハッカ油、メントール、セイヨウハッカ葉エキス、カルボマー、水酸化K、エタノール、水です。
これらの成分のうち、局所麻酔作用があるが、チョウジ油、ハッカ油、メントール、エタノールですが、リドカインに比べると、局所麻酔作用は弱くなります。

販売サイトの評価も、早漏防止に効果があった人と、無かった人と二つに別れています。

トノス

トノス
1g中に以下の成分が含まれています。
テストステロン(男性ホルモン)10mg
アミノ安息香酸エチル    100mg
プロカイン塩酸塩     5mg
ジブカイン塩酸塩    10mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩    5mg

このうち、アミノ安息香酸エチル、プロカイン塩酸塩、ジブカイン塩酸塩が局所麻酔成分となります。
トノスは、大東製薬工業株式会社が製造販売している、早漏防止の塗り薬です。
詳細な成分が公開されており、何にもまして日本製という安心感があります。

早漏防止塗り薬の選び方

星の数ほどある、早漏を防止する塗り薬の選ぶ条件は、以下のとおりです。

1. 詳細な成分が公開されている。
2. 安全な成分を使用している。
3. 副作用がない、もしくは少ない。

残念ながら、今回紹介したリドスプレーとジゴロプラススプレーは、詳細な成分が公開されていません。
そのため、トノスがお勧めとなります。

ただし、トノスにはテストステロン(男性)が含まれているため、10代~30代の若年層には、お勧めできません。
その理由は、男性ホルモンを外部から摂取していると、自ら男性ホルモンを作成する能力が退化する副作用があります。使い続けていると、男性ホルモンを作れなくなってしまう可能性可があり、若年層にはお勧めしません。

若年層の方には、リドカインのみ、もしくは主成分の「Prilox」や「キシロカインゼリー」をお勧めします。

まとめ

早漏防止の塗り薬の成分は、局所麻酔薬。
購入するなら、成分が公開されていて、かつ安全な成分で、副作用が少ないものを選ぶこと。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。